梅澤太陽税理士事務所




福島秀一税理士事務所





稲田悟郎税理士事務所

 
 
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2013/09/24
未成年者控除と障害者控除

[相談]

 平成25年度の税制改正による未成年者控除と障害者控除の改正について、教えてください。

 

[回答]

 未成年者控除と障害者控除の改正について、控除額が次のとおりに引き上げられます。

1.未成年者控除
 20歳までの1年につき (現行)    6万円 → (改正)10万円

2.障害者控除
 85歳までの1年につき (現行)    6万円 → (改正)10万円
             (特別障害者:12万円 →     20万円)

 それぞれの年齢に達するまでの年数については、端数処理は1年未満切り上げです。
 例.45歳3ヶ月の相続人Aについて、障害者控除を受ける場合の年数計算
    85歳−45歳3ヶ月=39年9ヶ月 → 40年(1年未満切り上げ)

 また、特別障害者に該当する具体例としては、次の通りです。
 例.
   ・重度の知的障害者
   ・障害者等級1・2級の身体障害者(身体障害者手帳に記載)
   ・障害者等級1級の精神障害者(精神障害者保健福祉手帳に記載)


 なお、この改正は、平成27年1月1日以後の相続又は遺贈により取得する財産に係る相続税について適用されます。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
お問合せ
(株)トラステッドコンサルティング
〒141-0022
品川区東五反田1-10-7
アイオス五反田602
TEL:03-6271-9267
FAX:03-6277-4693