梅澤太陽税理士事務所




福島秀一税理士事務所





稲田悟郎税理士事務所

 
 
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2013/05/28
更正の申出の期限

[相談]

 個人事業を営む者が既に申告した平成22年分の確定申告について、税額が多すぎたことに気付きました。この場合、更正の請求もしくは更正の申出の期限はいつまでになりますか?

 

[回答]

 平成23年度税制改正に関する法律により、平成23年12月2日以後に法定申告期限が到来する国税について、更正の請求ができる期間は法定申告期限から原則5年に延長されました。
  ただし平成23年12月1日以前に法定申告期限が到来する国税については、更正の請求期限はこれまで通り法定申告期限から1年のままです。

 今回の場合は、すでに法定申告期限(平成23年3月15日)から1年を経過しているため、更正の請求は行えませんが、更正の申出期限(法定申告期限から3年以内)である平成26年3月15日までに「更正の申出書」を提出することにより、調査等による減額の更正を申し出ることができます。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
お問合せ
(株)トラステッドコンサルティング
〒141-0022
品川区東五反田1-10-7
アイオス五反田602
TEL:03-6271-9267
FAX:03-6277-4693